プレカット加工に伴う必要図面
図面・資料 必要な明記内容
<平面図>
(S=1/50)
※S=1/100でも右記内容が満足していれば可
1)各間仕切(芯々)寸法・・・バルコニー・ポーチ等も寸法(芯々)必要
2)各柱の位置・寸法(芯々)・・・特に建具(開口部)廻りの柱芯々寸法
3)大壁と真壁の種分け・・・真壁の場合は化粧柱の位置
4)フロア−の流し方向
5)筋違の位置・方向
6)小屋裏部屋有りの時、範囲(芯々寸法)及びハッチの位置
<立面図>
(S=1/100)
1)四面(東西南北)共必要
2)各屋根の勾配(下屋含む)
3)軒の出及びケラバの出寸法
4)桁落(茸下ろし)等の落始めの位置寸法(構造材芯々)及び桁落レベル(構造材天端レベル)・・・下屋も含む
<断面図>
又は
<矩計図>
(S=1/100)
1)X・Y方向2断面以上
2)土台天端から2階(3階)胴梁天端迄の高さ及び2階(3階)胴梁天端から小屋桁天端迄の高さ
3)各室床仕様(根太サイズ、ピッチ、下地材厚、仕上材厚、etc・・・)
4)各室床高(土台天又は梁天から仕上天迄)及び天井高
5)バルコニーの床梁レベル
<各伏図> ◎基礎伏図 1)基礎天端レベルが異なる部分の各高さ及び範囲
2)換気口(通気口)の位置・大きさ及びアンカーボルトの位置
3)束位置
◎土台伏図
<1F柱伏図含む>
1)土台と大引の種分け(特に間崩れ時の大引の割付芯々寸法)
2)継手(土台・大引)の位置
3)玄関の上がり框部の土台又は大引の要否及び位置(芯々寸法)
4)出入口(玄関・勝手口・在来浴室等)部の柱が土台天・基礎天・下延ばし等どこに立つか御指示下さい。
5)ポーチ柱の足元及び階段柱の上部の納め方御指示下さい。(例)ポーチ柱4M材で下延ばし
6)床柱・大黒柱等、特殊柱の明記
7)火打土台の位置(継手との干渉及び材間隔に注意して下さい)
8)根太彫の範囲及び割付位置
9)通し柱芯振必要な時、振り方向指示
◎2階(3階)床伏図
<2F(3F)柱伏図含む>
1)各梁サイズ及び高低差レベル表示(特に下屋、バルコニー等)
2)各材継手位置及び各材使用材長
3)火打梁の位置(継手との干渉及び材間隔に注意して下さい)
4)根太彫の範囲及び割付位置
(注)梁こぼれ・卍・天井ふところ等は特に御注意下さい!
◎小屋伏図 1)各梁サイズ及び高低差レベル表示(特に桁落部は明確にして下さい)
2)各材継手位置及び各材使用材長
3)各々のケラバの出寸法(芯〜面)
4)小屋束の位置
5)火打梁の位置(継手との干渉及び材間隔に注意して下さい)
6)小屋裏の有る時は納め方御指示下さい。
◎母屋伏図 1)母屋割付位置(芯々)及び棟木位置(芯)
2)各材継手位置
3)部分的に材成を変える時、サイズの明記
<備考> ※上記必要図面に関しましては、打ち合わせから加工迄をスムーズに進める為に御願いしている内容ですので、必ずしも上記図面総てが揃わなくてもプレカット申し込みは可能です。(但し、図面及び明記内容が少ない程打ち合わせ回数及び打ち合わせ内容が増えますので、御了承下さい。)


|各図面へ|仕様1へ仕様2へ仕様3へ仕様4へ