貫加工に対応

今迄、現場手加工にて対応して頂いておりました貫加工が当プレカットでも加工可能となりました。
対象加工は柱に対しての貫穴及び竹穴加工です。